読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2本目。濃、、、厚、、、な、、展示めぐり、、、。

この頃気になる言葉のできごと。

どうしても共有しておきたい。

 

とある昼休み。

エレベーターで社員食堂のある階へ向かおうとする。

上のボタンを押すがなかなか来ない。

後ろから他社の女性2人が楽しそうに会話しながらやってくる。

わりときれいな30代キャリアウーマンってかんじ。

 

「A子ちゃん、今日のお昼何食べたい?」

「えー、特にないですねぇ。最近夏バテしちゃってるんですよねぇ。」

「あらそう、、、最近暑いものね。」

「先輩は何か食べたいものあります?」

「わたし?ん~、、、、、、、、、、、濃厚な、、担担麺かしら。」

「あ、いいですね!」

 

まて、なんか、、エロくね?

 

なんだろう、言葉の組み合わせが全体的にエロい。

奇跡の組み合わせだと思う。

 

先輩そもそもなんでわざわざ「普通の担担麺」じゃなくて「濃厚な担担麺」なんだよ、、なんで夏バテって言ったのに「濃厚」なんだよ、、

あと絶妙な「間」ね。

なに言うんだろうっていう緊張感がある。

揺さぶってくる。これが30代のお姉さまだから出せる余裕なのか。。。

それに加えてきっとこれは「暑さのせい」だ。「夏のせい」だ。。

 

カルピス飲みたい。

 

なんだかエレベーター乗ってるとき不覚にもずっと考えてしまった。。

翻弄された2016年、夏。わるくない。

 

 

 

あ、ここから1ミクロンも関係ない話になるのでご承知おきを。

 

夏休み行きたい展示がありすぎて、

かといって行って感じたことを忘れないように、綴っていこうと思う。

それこそ、毛が生えた、形跡を残す。

 

オープン・スペース2016 メディア・コンシャス 展

ICC | オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス

 

メディアアート

・プログラミング

インタラクティブ

最近耳にするようになったことば。

とてつもなく無限で、新しい可能性に満ちた分野。

一般人からすると未知の世界で、とても難しくて近寄り難い気がするけど、

わかりやすいところで言えば「Perfume」とか、「ポケモンGO」とか、

いつの間にか私たちの身近なところにいたりする。

そんな感じで素人の私たちにも最新のメディアアートを体感させてくれる展示。

もっと見ていたいという好奇心と自分がわからなくなる恐怖心の混濁した意識の中で楽しませてもらった。

体験できるものの中には整理券を配っているようなものもあるから夕方前に行くのがおすすめ。

https://www.instagram.com/p/BIW7eKIAcfh/

 

 

 東洋・日本 陶磁の至宝 ー豊麗なる美の競演ー

出光美術館(東京・丸の内) - 出光美術館

 

さっきのICCの展示とは180度変わる。

私たちの生活に近しくもあり、歴史的なものでもある。

中国・朝鮮・日本のやきものを通してわかる歴史や関係。

全国のやきものがなぜ、形や質、絵付けが変わってくるのか、気になるところ。

その土地の環境はもちろん、時代ごとに起きた出来事や、異国からやってくる人によって、守られる技術もありながら新たな技術が生まれていく。

 

志野・織部・唐津・京・萩・古九谷・柿右衛門・色鍋島などなど、、

 

今回展示されている、それこそ江戸時代につくられた作品をみてもなんの違和感もなく美しいと思わせるってすごい。鳥肌が立つ。

 

個人的には尾形乾山板谷波山が認識できたのが嬉しかった。

https://www.instagram.com/p/BIsDvR4AL3a/

 

あと今回初めて出光美術館に行ったのだが、

とてもいいつくりをしていて皇居の外堀が見える。

 

これがすごい落ち着く。

 

昼寝したくなる。

 

あとここで素人感で言ってしまうのだが、グッズのセンスがいい。

普通美術館てゴリゴリの彫刻とかモナリザの絵葉書とか多い気がして。

ああいうのって行った本人はいいけど、

もらった人って正直そのテンションについていけないから微妙だったり。

出光美術館は行ってない人ももらって「きれいだな」って思えるものが多かった。

これはおまけ情報。

https://www.instagram.com/p/BJDcjl4A-dT/

ここ最近で一番気に入った絵はがき。焼きものの後ろとかに置いたらかっこいいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1本目。なぜか部屋を片付ける。

ブログなんて何年ぶりか。

 

不毛から毛が生えるまで。

 

なんもないところから、

日々の生活の中で思わず毛が生えるような、

そんな出来事や出会い、発見があればいい。

最終地点はロンバケのキムタクのようなふさふさライフ。

 

ということで最近、ハチの巣ができた。

自分の部屋の窓に。正確に言うと窓とシャッターの間に。

朝、洗濯ものを干していたら、指の第二関節くらいのでかさの蜂が軽快にシャッターの裏へ吸い込まれる吸い込まれる。

こういう時、超能力みたいな嫌な予感発揮する。

恐る恐る一指し指で少し下してたシャッターを上げる。

 

シャッ。

 

buuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuunnn

ぶぅーーーーーーーーーーーーーーーん

 

あああああああああああああああ。。。。。。。。。あ。あ。

 

目の前に現わる掌サイズの六角形のきれいなあしなが蜂の巣。

あれなんかミスチル意識して掌とか格好つけてるわ。

手のひらね。

じゃ、な、く、て、

 

やばい死ぬかもしれない。

なんとかフィラキシー症候群になって誰にも気づかれずに。

光ので速さで家に入り、窓を閉める。

 

どうする自分、ん?

仕事いかな。

いや、このまま仕事あってる間に巣がデカくなって窓開かなくなったりして?

んなアホな。

蜂蜜とか採れるんかな。。

仕事いかな。

管理会社に電話しよう。

 

すぐに電話して翌日来てもらうことに。

(当日に来てほしいくらいだったけど)

 

そうと決まると仕事終わってすぐに家の片づけがはじまる。

ウィぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃん

掃除機フル回転。

溜まってた洗い物も処理。

 

ふと冷静になる。

 

あれ、なんで掃除してるんだ自分。

 

こ、これか、、、、、

実家に下水道業者が点検に来る日、

母親がやたら掃除始めてピカピカになるやつ、、、

「他人なのになんでそんな気にするのか意味わかんないんだけど」

 

わかる、、、、、、、、

今すげえわかる、、、、、、、、、

他人なんだけど、今後恐らく一生会わないであろうおじさん2人なんだけど、

 

掃除しちゃう、、、、、、

 

水回りとかもはや関係ないのに。

気づいたら管理業者のおじさんが素手でハチの巣にビニール袋かぶせてた。

ハチありがとう。

少し大人の発見があった。

なぜか掃除しちゃう気持ちがわかった今日この頃。